その他の施術方法

未分類

二重整形にはプチ二重整形と呼ばれる方法の他にもいくつか施術方法があります。二重術(全切開法・部分切開法)と呼ばれる方法です。これはまぶたにある余分な皮膚を切除することによって二重の作りたいラインをデザインする方法です。プチ二重整形と比べて二重が取れにくいのが特徴です。

次に部分切開法と全切開法の違いを紹介します。部分切開法では二重のラインを作ることや皮膚の脂肪を取ることが出来ます。全切開法では部分切開法で出来ることに加えて、余分な皮膚のたるみを取ったり、眼瞼下垂手術と呼ばれる黒目を大きく見せる手術を同時に受けることが出来たり、更にはROOFと呼ばれる目の腫れぼったさの原因となる脂肪を取ることが出来ます。(参考サイト⇒札幌中央クリニック:美容外科二重整形

しかし、この施術方法にもデメリットがあります。手術後の腫れや内出血が長引きやすく、全切開法では時間が経つにつれて目立ちにくくなるものの、傷が残ります。部分切開法では全切開法と比べて腫れや内出血、手術後の傷も小さくなりますが、二重のラインの持ちが悪くなります。また手術後に元のまぶたに戻すことが出来ません。更にプチ二重整形である埋没法と比べて手術費用が高いです。二重整形を行う際には、必ず医者と相談をして上記のことを踏まえた上で施術方法を決めましょう。

Pocket